【豆知識!】振袖について学ぼう♪

こんにちは
尾張名古屋神前挙式です!

本日は、成人の日ですね!
新成人の皆様、おめでとうございます(^^)
成人式事体は、連休の中日である昨日11日に
行われた自治体が多いそうですね!
今朝のニュースで全国の成人式について
特集されていましたが、
ド派手な成人式』や『本一泣ける成人式』など、
地域ごとに色が出ていて、とっても面白かったですよ~!

これからの未来に想いを馳せる
新成人の方々の声を聴くと、
私たちも負けてられないなと感じます!
いつまでも、希望をもった
輝いている大人でいたいですね^^

さて、本日は成人の日にちなんで、
のお話をしたいと思います!

振袖の歴史

振袖振袖とは皆さんご存知の通り、
袖の長い着物のことを言い、
未婚女性が着用するとっても格式高い着物です。

江戸時代初期に当時の踊り子が、
着物の袖を振り愛情表現を示したことが、
若い娘たちの間で広まったことで、
振袖未婚女性の着物となったとされています。
現代の振袖への認識が、400年以上も
受け継がれていることに驚きですね^^

振袖は何故おめでたい日に着るの??

振袖を目にする機会は、
成人式や結婚式の披露宴など、
おめでたい時ばかりですよね(^O^)振袖 披露宴これは、振袖の袖を振るという仕草が、
厄払い清めの儀式に通じるとも考えられているため、
祝の日に着られるようになりました。
振袖の種類は3種類!?

実は振袖には、
振袖・振袖・振袖の3種類があります。
それぞれ、袖の長さが違うんですよ~(^○^)

振袖は、袖がくるぶしまで(120㎝程)の長さで、
この3種類の中では、最も格式高い着物です。

振袖は、膝下まで(90㎝程)の長さで、
成人式に用いられているのは、
大体この中振袖です!

振袖は、太ももくらい(80㎝程)の長さで、
卒業式の袴に用いられることもあります。

振袖にもいろいろあるんですね~!
一番私たちに馴染みのあるのは、
成人式で使われる中振袖ですかね^^?

尾張名古屋神前挙式で、
結婚式のお手伝いをさせて頂いた新婦様の中にも、
披露宴やお食事会内で振袖をお召しになった方が多くいます♪
やっぱり、新婦様たちの中で
結婚式後にはもう着れない・・・せっかくだから着よう!!
という想いが強いみたいです。

オリエンタル和装実は、振袖をドレス見立てて着る
オリエンタル和装という新しい振袖の着方もありますよ~!
かわいいですね

さて、本日は振袖についてお話し致しましたが、
いかがでしたか^^?
一言に振袖と言っても、
振袖の中にも種類があって、
使う用途も違うのには驚きですね!
この日記をご覧になっている新婦様も
ぜひ結婚式では振袖を着てみてくださいね(*^▽^*)

尾張名古屋神前挙式には、
挙式後にお食事会を考えている方向けの、
振袖付き!少人数お食事会プラン』をご用意しております♪
食事会の衣装を迷われている方、
振袖を着たかったんだよね~という方も、
是非お問い合わせください♪
電話でのお問い合わせはコチラ↓↓↓
TEL:052-959-2885


コメントはまだありません。

コメントする