『花嫁☆豆知識』おかつら編!

こんにちは
尾張名古屋神前挙式です!

さて本日は…
『和装で結婚式をしたいけど、かつらにどうしても抵抗が…』
『似合わなかったらどうしよう…』
と不安をお抱えの花嫁様に…
チョット知っておくとかつらのイメージが変わるかもしれない
豆知識をお伝えしちゃいます

まず、皆様が【かつら】と呼んでいるこの髪型は
文金高島田(ぶんきんたかしまだ)】と言われております。

【まげ】の部分は【島田まげ】と呼ばれ、
髪をひとつに束ね前後に折り曲げ中間で結ばれたもの。
主に未婚女性の代表的な髪型とされておりました。
【島田まげ】には様々な派生からなるものもあるそうですが、
中でもこの【文金高島田】はまげの部分の根元を高くした
上品で優雅な髪型と言われております(^^)

ちなみに【文金】とは、
江戸時代の貨幣改鋳(かいちゅう)の時にあった
小判のことを文金と呼んでおりました。
元々は男性の髪を高く結っていたものが【文金風】と呼ばれ、
そのまげの高さが優雅なものとされ、
女性のまげとしても取り入れられるようになったんだそうです。

そしてかつらの上に被る綿帽子角隠しについても
少し触れておきましょう!(^^)b

【綿帽子】は髪を結っていても
すっぽりと額まで覆いかぶさる位の大きさの布で、
白無垢を着ている場合にのみ合わせることができます。

昔、女性が外出する際に着けていた
【被衣(かつぎ)】と呼ばれる衣が
起源と言われております。
また、「挙式が済むまで、新郎以外の人に顔を見られないように」
という意味もあるんですよ!
ウェディングドレスのベールと同じ役割を持っています(^^)

そしてこちらは【角隠し】です^^
上流武家の女性が正式な場で結ったとされる髪型に、
頭を覆う形で被る帯状・幅広の布のことです。
云われには様々な由来があるそうなのですが、
女性が嫁ぐ際に角を隠す事で、
「角を隠して夫に従順に従う」
という意味合いがあります。

角隠しは綿帽子と違い、白無垢だけでなく
色打掛や引き振袖などの全ての式服に合わせることができますよ♪

さてさて…本日はかつらや綿帽子などの
豆知識をご紹介させて頂きましたが
いかがでしたでしょうか??
『こんな意味合いがあるんだ~!』
『かつら、かぶってみたいかも!』
と少しでも思って頂けたら嬉しいです(o^^o)
『でも私は洋髪がいいな!』
という方は洋髪でももちろん大丈夫ですよ。

『だけどやっぱり似合うかどうか気になる…』という方は、
ぜひ和装体験でお試しくださいd(・∀・*)

次回、和装体験の開催日は7月25日(です!
残り、①10:00~/②13:00~/③15:00~の
合計③枠となっております♪

白無垢や色打掛だけでなく、本日ご紹介させて頂いた
かつら・綿帽子・角隠しもご試着頂けるチャンスです!
似合うかどうかは、実際に身に着けて
ご自身の目で見てみましょう(^^)
皆様のご参加をお待ちしております!

尾張名古屋神前挙式 ご予約はこちらから↓↓↓
来館予約TEL:052-959-2885


コメントはまだありません。

コメントする