幸せ分かち合う神前挙式をしよう^^

こんにちは!
「名古屋嫁入り日記」をご覧頂き
誠にありがとうございます

先日、きっと皆様も
一度は手に取るであろう
ゼクシィ」が発売されましたね!

ゼクシィ実は、今月のゼクシィに
『みんなと幸せシェアができる
和ウェディング』という特集が
ありましたよ~(#^.^#)

post-img_2011-12_o-h

実は、ゼクシィさんも仰る通り
和の文化を尊重する結婚式には、
新郎新婦様とご列席の皆様の
幸せをわかち合う瞬間
とっても多いんです!

そこで本日は、神前挙式の儀式で
どんな意味がこめられているのか
少しご紹介したいと思います^^

神前挙式の全ての儀式の流れは
こちらをご参照ください
\神前挙式の流れ/

まず一つ目に、
身誓盃の儀(せいはいのぎ)
ご紹介します。

身誓盃の儀は、
「夫婦盃の儀」とも言います!

神前にお供えをしたお神酒を
新郎新婦様が三三九度の
お盃事で、夫婦の契りを
結びます。

身誓盃の儀盃には、大きさが3つあり、
その3つを順番に
新郎新婦様で飲み交わします。

そして、大中小と異なる3つの盃には
ひとつずつ意味があるんですよ~
sakazuki-1

小=過去
巡り合ったことを先祖に感謝する意味

中=現在
末永く力を合わせ生きていく意味

大=未来
今後の一家安泰と子孫繁栄を願う意味

出会って結ばれ、夫婦になる
二人の絆を強める
儀式とも言えますね!(^^)!

そして、二つ目に
親族盃の儀(しんぞくはいのぎ)
ご紹介致します!

両家がご親族となった誓いの盃を
交わします。

新郎新婦様だけでなく、
ご列席の方も家族になる幸せ
感じられる瞬間だと思います(^O^)

親族盃の儀

先程ご紹介しました2つの儀式は、
まさに、ひとつの幸せを皆様で
シェアできる内容ですね!

是非、幸せわかち合う瞬間が
いっぱいの神前挙式で結婚式を
行ってみませんか?

新郎新婦様神前挙式に関する事含め
結婚式について
お気軽にお問い合わせ下さいませ!

【尾張名古屋神前挙式】

@japanese_wedding

尾張名古屋神前挙式
来館予約TEL:052-959-2885


コメントはまだありません。

コメントする