結婚式を行うお日柄について

こんにちは★

尾張名古屋神前挙式です!

今日から新年度ですね。
私達のところサロンにも
新入社員のウェディングプランナーが仲間入りしました^^

より手厚く皆様の結婚式をサポートさせて頂きますので、
今年度もぜひ宜しくお願い致します!

さて、私たちは初めてサロンにお越し頂くお客様に
「結婚式の検討時期」をお伺いしています。

カレンダー

もちろん
「この日が記念日だから」
「特別な日だから」と
日にちありきで お越し頂く方もいらっしゃいますが、
実際ご希望の時期までは決まっていても、
「日にちまではまだ具体的に決まってないかな~」と
言う方も沢山いらっしゃいます。

そこで皆様が結婚式の日にちを決めるにあたって、
なんとなく気にされるのが「お日柄」

今日はそのお日柄についてご説明をさせていただきます。

説明

先勝・友引・先負・仏滅・大安・赤口とあり、

『六曜』と呼ばれています。

それぞれの意味合いは下記のように言われています。

spacer65

先勝…読んで字のごとく、事を運ぶと縁起の良い日。
友引…大安の次に慶事に良い。午前中・夕方・夜が吉。弔事はNG
先負先勝と正反対の日。午前は凶で、午後は吉。
仏滅…物事が滅する凶の日。慶事には支障がないという解釈も…。
大安…すべてにおいて良い結果が得られるの日!
赤口…新しいことは避けて何事にも慎む日。正午前後は吉。

spacer65

この六曜の由来をみてみると
元々は室町時代に中国から伝わった占いが元で、
当時は現在のように曜日(七曜)がなかった為、
その代わりとして六曜を現在でいう曜日として使っていたそうです。
これは実は江戸時代まで注目されていませんでした。

ところが明治時代に入り
「旧暦」から「新暦」へ移行した段階で
「吉凶付きの暦は迷信」として政府が禁止したことによって、
逆に注目されるようになり、
第二次世界大戦以降、広く普及されるようになったそうです。
(諸説アリ)

spacer65

ということで実は神道や仏教などの宗教とは
まったくの無縁なのだそうです。

お神輿

なので、神社でのお祭りも仏滅だろうが関係なく開催しますし、
「仏」の字が入っているため関係があると想像する人が多い「仏教」についても
無関係なのだそうです。
(そもそも、お釈迦さまは占いを禁止していたそうで、
現在の仏教でも浄土真宗では吉凶を選んで行うことを否定的に考えているそうです。)

spacer65

実際、新郎新婦さま本人たちは
お日柄はあまり気にしないケースが多いですが、
とは言っても親御様や おじい様・おばあ様など
たくさんの方々もお集まりになる特別な日。

おばあちゃん達と

新郎新婦さま当人たちより、
周りがお日柄を気にされるケースもあります。
もちろんお日柄ばかりにとらわれる必要はありませんが、
結婚式は折角のお二人の最良の日ですので、
家族みんなで話し合いをするうえで六曜の意味合いは
一般常識として知っておくとイイですね!

結婚式の日にちを決めるポイントは色々とあるかと思いますが、
何年経っても自分たちの結婚記念日が色鮮やかに
思い浮かぶ、そんな日になれば良いな、と思います(*´ω`*)

【尾張名古屋神前挙式】

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

尾張名古屋神前挙式
ブライダルフェアのご案内

★大人気★
和装体験】の次回開催日程

4月16日(
10:00/11:00/12:00/13:00/14:00/15:00

4月29日(
10:00/11:00/12:00/13:00/14:00/15:00

~神社巡りツアー~

神社ツアー

毎週土日開催!!

平日も事前予約でご案内OK! 

結婚式場をこれから探しはじめるおふたりにも安心して

ご参加いただけるように

神社ツアーも和装試着体験も

各時間1組ずつのご案内をさせていただいております。

【尾張名古屋神前挙式】

btn_raikan2

btn_raikan1

お問合わせTEL:052-959-2885

btn_instagram

ラインからのお問い合わせやご相談もOKです★

尾張名古屋神前挙式公式ラインアカウント
ID:@shinzenkyoshiki
友だち追加

  

 


コメントはまだありません。

コメントする