白無垢のコーディネート★

こんにちは!

尾張名古屋神前挙式です★

今日は花嫁の着物の基本知識として、
「白無垢」についてご紹介いたします。

日本の花嫁といえば誰もが思い浮かべる、最も代表的スタイル。

神前式でも一番人気のお衣裳です。

本来はすべて白一色の
格式高い儀式の衣裳

花嫁行列

色打掛には様々な色柄があるのに対し、
白い打掛だけは特別に「白無垢」といいます。

本来は、上に着る打掛から下に着る掛下、小物にいたるまで全てを白一色で統一する装いで、心身の清らかさと“どんな色にも染まります”という花嫁の決意を表すとされ、儀式用のお衣裳です。

歴史的には挙式専用の衣裳ですが、
披露宴や会食の席で着ていてもOK!

ただし、披露宴中のお色直しの後で着るものではなく、挙式で着てそのまま披露宴へ、後から色打掛やドレスに着替えるのが一般的です。

白無垢に合わせる花嫁の髪形

白無垢には、伝統的に「文金高島田」という花嫁の髪形で、綿帽子角隠しを合わせます。

角隠しは色打掛や振袖にも合わせることができますが、
綿帽子は白無垢の挙式の時だけに限られる特別な装いです。

だからこそ憧れるという花嫁も多いはずです。

また、正統派の日本髪ではなく、
挙式の白無垢でも自由な洋髪を選ぶ花嫁も増えています。

■綿帽子 わたぼうし

白無垢

文金高島田に結った髪の上から、やや深めにかぶる白い袋状の布。

■角隠し つのかくし

紋付袴と白無垢

高い髷を結った髪の上に、頭の周りを覆う幅広の白い布のこと。

■洋髪 ようはつ

白無垢

上に挙げたような伝統の髪形に対する言葉で、日本髪以外の髪形はすべて洋髪です。

衿足がきれいに見えるアップスタイルが基本★

花や簪などをたっぷりとアレンジしてボリューム感を出すことでバランス良く仕上がります。

アレンジも楽しめる
白無垢コーディネート

 赤裏

最近では、白無垢の着方も多種多様になってきました。

裾や袖、襟元に赤を差し色として入れたもの、
織り柄や刺繍に金糸・銀糸、淡い色が入るものなど、様々なデザインの白無垢があります。

おしゃれにこだわる花嫁の間では、
衣裳は白だけにして懐剣や筥迫(はこせこ)などの花嫁小物で色を取り入れる方法も人気です。

白だからこそ色小物の組み合わせは多彩、
少しだけ自分らしさをプラスすることでコーディネートも楽しめます^^

ぜひ、衣裳選びの際の参考にしてみてくださいね★

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

尾張名古屋神前挙式
ブライダルフェアのご案内

★大人気★
和装体験】の次回開催日程

1月13日(

1月21日(
10:00/11:00/12:00/13:00/14:00/15:00

~神社巡りツアー~

神社ツアー

毎週土日開催!!

平日も事前予約でご案内OK! 

結婚式場をこれから探しはじめるおふたりにも安心して

ご参加いただけるように

神社ツアーも和装試着体験も

各時間1組ずつのご案内をさせていただいております。

【尾張名古屋神前挙式】

btn_raikan2

btn_raikan1

お問合わせTEL:052-959-2885

btn_instagram

ラインからのご予約・お問い合わせもOKです★

尾張名古屋神前挙式公式ラインアカウント
ID:@shinzenkyoshiki

blog_line_bnr

 


コメントはまだありません。

コメントする