10月1日(土)矢野高利さんまどかさん川原神社挙式・GINZAお食事会

秋晴れで心地よい風が吹く本日。素敵な家族が生まれました。

高利さんとまどかさんは川原神社で挙式がされたいとのご希望でご来館いただきました。

お二人の職場は昭和区そんなご縁もあってお選びいただいた神社さんです。

神社へ花嫁タクシーが到着すると待ってましたとまどかさんのお友達や

お二人の職場の皆様がお二人を囲んでくださいました。

花嫁タクシー到着

お写真タイムも芸能人さながら花井達さんを先頭に

カメラを持った皆さんが移動します。

緊張少し、でも、お友達や職場の皆様に囲まれていつものいい表情が沢山!!

お写真が楽しみですね・・・

結婚します

矢野家と西坂家それぞれにとても仲のよいご家族です。

お二人の家族もご両家に負けないくらいのご家族を目指していらっしゃるのだと思います。

矢野家西坂家

『祝詞奏上』これは宮司さんが神様へお二人が結婚されたことのご報告と

今日を迎えられた事と、今日の日に感謝の気持ちをお伝えするとともに

お二人のこれからの生活のお幸せをお祈りする儀式です。

祝詞奏上

この時は参列者、楽人、巫女その場にいる全員が

気持ちを整えて静かに頭をさげ神様に宮司さんの祝詞が伝わるように控えます。

神社での挙式はご本殿を目の前にして全員で心をひとつにして

望める厳かで貴重な時間です。

挙式の時間を大切に過ごされたお二人は『名古屋国際ホテル』でお食事会です。

会場として選ばれたのは地下1階の割烹『GINZA』です。

乾杯にはお二人からお祝いの樽酒を振舞ってくださいました。

もちろん鏡開きもしましたよ。お人数か少ないので大きな菰樽ではなく、ミニダルで行いました。

二人での共同作業お披露目

乾杯のご発声は高利さんのお父様にお願いして穏やかにお食事会は始まりました。

お食事しながらゆっくりお話したり、写真を撮ったり常に笑いの耐えないお食事会でしたね。

高利さんの叔母様は「本当に優しい子なんですよ。」とご自身のお子様をご覧になるようなまなざしで

高利さんを見つめて、まどかさんのご家族にお話してくださいました。

まどかさんの高知から駆けつけてくださったおばあ様は

「足るところは更に足しあって、足りないところは補い合って暮らしてください」とお話くださいました。

会の締めくくりには高利さんのご挨拶

「泣かないと思っていましたが、自然に涙があふれてきます

悲しいわけでも、寂しいわけでもないのに次から次へ出てきます

嬉し涙なんでしょうか?」

沢山の温かさに優しさに包まれると自分の意思とは関係なく

ありがたいと感謝の気持ちに素直に向き合い涙のスイッチが入るのかもですね。

仕事だったのに私も涙があふれてきました

お幸せに・・・

高利さんまどかさん矢野家西坂家のご家族のみなさま素敵な結婚式の

お手伝いさせていただきありがとうございました。

これからも益々仲良く家族を大切にお過ごしください。

おめでとうございました。


コメントはまだありません。

コメントする