お日柄について

こんにちは 尾張名古屋神前挙式です。
本日も花嫁日記をご覧頂きまして誠にありがとうございます♪
初めてご覧頂く皆様、何かお役に立てると嬉しいです!

さて、結婚式の日取りを決める際、
きっと多くの人が注目するのって「お日柄」
ではないでしょうか。

カレンダーとかにも、書いてありますよね。
「先勝」「友引」「先負」「仏滅」「大安」「赤口」って。

この6種類のお日柄、正確には「六輝」(ろっき)と呼びますが
旧暦において6日ごとに繰り返す曜日として
用いられていたので「六曜」とも呼ばれます。

6種類のお日柄にはそれぞれ意味が伴い、
例えば引越しや、開店、宝くじを買う日やお葬式…
それぞれに吉日・避けた方が良い日というのがある訳です。
予定を組む際にはこの六輝を見て
日にちを決めるという方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。結婚式にも、もちろん「結婚に◎」と言われている
お日柄があって、そこは人気が高く埋まりやすい日と
なってくる訳です。

ここでまずは六輝の一つ一つの意味を見てみましょう!

「先勝」
読み方は「さきかち」「さきがち」「せんしょう」「せんかち」
などがあります。
「先んずれば即ち勝つ」の意味があり
万事に急ぐことが良いとされています。
「午前中は吉、午後二時より六時までは凶」
と言われています。

ですので、結婚式は午前中にして頂くと◎ということですね。

「友引」
読み方は「ともびき」まれに「ゆういん」と読みます。
「朝は吉、昼は凶、夕は大吉。ただし葬式を忌む」
と言われています。
かつては「勝負なき日と知るべし」といわれ、
勝負事で何事も引分けになる日とされていました。

結婚式においては
友引はいい日とされています。
人気のお日柄の一つですね。

「先負」
読み方は「さきまけ」「せんぶ」「せんぷ」「せんまけ」
などがあります。
意味は「先んずれば即ち負ける」。
万事に平静であることが良いとされ、
勝負事や急用は避けるべきとされています。
漢字から「午前中は凶、午後は吉」とも
言われています。

先負なら午後に挙式を挙げていただく方が
良いと言うことですね!

「仏滅」
読み方は「ぶつめつ」のみです。
「仏も滅するような大凶日」の意味。
この日はお日柄の中で最も凶の日とされ、
婚礼などの祝儀を忌む習慣があります。

「大安」
読み方は「たいあん」「だいあん」。
「大いに安し」の意味があり、六輝の中では
最も吉の日とされます。何事においても吉、
成功しないことはない、とされます。

当然、結婚式でも人気です。

「赤口」
「しゃっこう」「しゃっく」「せきぐち」と読みます。
午の刻(午前11時ごろから午後1時ごろまで)が吉とされています。
この日は「赤」という字が付くため、
火の元、刃物に気を付けるべきです。

そのため赤口の時は正午に挙げて頂くとよさそうですね。

以上、六輝のそれぞれの意味です。

あくまで個人的観測ですが、結婚式としては
大安→友引→先勝→先負→赤口→仏滅
の順に日にちが埋まりやすい傾向にあるかな?と思います。

 

もちろん、日にちありきで考える方、
どうしても挙げたい神社があって、神社の空き状況に従ってお決めになる方、
ご家族やご自身の都合などで検討できる日が限られている方、

などなど
全ての方がお日柄で決める訳ではないと思いますし、
色々な決め方があって良いかと思います。
お日柄(六輝)はあくまでも、
検討材料の一つですからね。

 

でもそうは言っても
「折角のおめでたい日。
良い日柄で迎えたいわ」という方は、
やっぱり早めの行動が◎(*^_^*)

人気の来春、土日の大安・友引の
ご案内出来るお日にち、どんどん少なくなってます(>_<)
是非お早めにお問合せを~!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

尾張名古屋神前挙式
ブライダルフェアのご案内

★大人気★

~神社巡りツアー~

神社ツアー

毎週土日開催!!

平日も(月・火)以外はご案内OK!

結婚式場をこれから探しはじめるおふたりにも
安心してご参加いただけるように

【尾張名古屋神前挙式】

btn_raikan2

btn_raikan1

お問合わせTEL:052-959-2885

btn_instagram

ラインからのご予約・お問い合わせもOKです★

尾張名古屋神前挙式公式ラインアカウント
ID:@shinzenkyoshiki

blog_line_bnr


コメントはまだありません。

コメントする