神前式で行う三三九度とは?

こんにちは、尾張名古屋神前挙式です(^^)
日中、過ごしやすい日が続いて嬉しい限りでございます♪
花粉対策も万全に過ごしたい所です…。

さて、本日は挙式中の儀式
『三三九度』の行い方について詳しく…
神前挙式の儀式の中では『三献の儀』とも呼ばれるこの儀式。

しっかりした作法でかっこよくキメたいものです。

三々九度

まず大中小の三重ねの盃のうち
新郎さんが小盃(一の杯)を両手で受け取り、
巫女さんにお神酒を3度に分けて注いでもらいます。

新郎さんはそれを
一口目・二口目は口を付けるだけとし、三口目に飲み干します。
その後、新婦さんも同様の手順で行います。

次の中盃、(二の杯)は新婦さんが両手で受け取り、
小盃と同様に3度に分けて注いだお神酒を3度に分けて飲み
その後新郎さんも同様の手順を行います。

最後は新郎さんが大盃(三の杯)を両手で受け取り、
小盃と同じように新郎さん、新婦さんの順番で行います。

244

文字に書くとややこしいですが、
基本的には巫女さんから渡された杯を、
一口目・二口目は口を付けるだけとし、
三口目に飲み干すと覚えましょう!!!

お酒が飲めない人は、口を付ける程度、
飲む真似でもいいですのでご安心くださいね(^-^)
※特にお車に乗る予定の方や妊娠中の方は
いくらお神酒といえども飲んではいけません!!!!!!!!

お写真ポイントでもあるため
姿勢よく行うのがベスト!!!

ただし、新婦様は着物の厚みで腕がうまく上がらず
口元へ盃を持って行くのが大変ですので、
無理せず口を盃に近づけ
こぼさないように注意しましょう!!!

その時もなるべく姿勢に要注意!!!
首だけニョキッとカメさんみたいにならないように
気を付けましょう(^^)

313

「三三九度」は儀式を行う時の間接的な口づけによって、
神前に堅く夫婦の契りを交わすという意味が込められています。

また何度も互いに盃を重ねる事により、
縁を硬く結ぶという意味も込められています

陰陽道では奇数が陽数でめでたい数字とされていて、
その最高の数が九である為、
『九』はおめでたいことの頂点を意味しています。

挙式 色打掛 二人 三三九度

また、三つの盃はそれぞれ 天、地、人(家族、親戚、近隣)と考えられ、
結婚式ではみんなそろってこれを祝おうということから、
日本でも室町時代の武家に広まり、
それが 江戸時代に庶民に広がり婚礼の儀式の中でも
行われるようになって、
結婚式の重要な儀式になっていったそうです。

人と人ととの繋がりを重んじてきた
日本ならではの風習を身を以て感じて頂ける神前挙式。

お神酒

たった一つの儀式でも、大切な意味があります。
意味を知った上で挙式をする事で、
より神前挙式の良さを感じて想い出深い式になると思います。

「神前挙式に興味があるけど知識がないから不安」
「せっかく神前挙式をするんだし、
挙式の意味も詳しく知りたい!」

そんな新郎新婦さん、いつでも気軽にご相談くださいね!
まずは専任のプランナーと巡る
『神社ツアー』へのご参加がオススメです(^^)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

尾張名古屋神前挙式
ブライダルフェアのご案内

★大人気★

~神社巡りツアー~

神社ツアー

毎週土日開催!!

平日も(月・火)以外はご案内OK!

結婚式場をこれから探しはじめるおふたりにも
安心してご参加いただけるように

【尾張名古屋神前挙式】

btn_raikan2

btn_raikan1

お問合わせTEL:052-959-2885

btn_instagram

ラインからのご予約・お問い合わせもOKです★

尾張名古屋神前挙式公式ラインアカウント
ID:@shinzenkyoshiki

blog_line_bnr


コメントはまだありません。

コメントする