今日は8(は)4(し)の日♪

こんにちは
尾張名古屋神前挙式です
本日もご覧いただきまして誠にありがとうございます!

さて、今日は8月4日「はしの日」です。
語呂合わせが8(は)4(し)と読めるからですね。
箸?橋? どっちの日でもあります(*^-^*)

でも今日は日本人と馴染みの深い「箸」についてお伝え♪
お恥ずかしながら私は結構箸の使い方が下手で…
意識していないと変な持ち方になってしまいます( ;∀;)
お箸の使い方が綺麗な人って素敵だなって思います!箸
箸の正しいルーツは定かではありません。
弥生時代には使われていたのでは?という遺跡発掘もありますが、
正しく歴史に残っているのは西暦607年の頃。

遣隋使として派遣された小野妹子が中国から持ち帰ったものが始まりで、
聖徳太子が日本で初めて箸食(はししょく)制度を
朝廷の儀式で採用したそうです。
一般市民に伝わったのは8世紀頃。
それまでは手食だったようです(!)箸
お箸文化って日本独自のものではなく、
中国から伝わったものだったのですね~(; ・`д・´)

因みに箸には「嫌い箸」と言って、
お箸の使い方に関するマナー違反も沢山存在します!
皆様これはやらないよ!というものから
無意識にやってしまっているかも?!というものもあるのでは?
↓↓↓
嫌い箸
日常的に箸を使う日本人。
お箸の持ち方が綺麗なのはもちろん、
マナーの部分まで目を向けられるととても格好いいですね(*^-^*)

結婚式でもお料理を召し上がって頂くのに
ナイフ・フォークと共に箸が用意されていることって多いですよね。
そのお箸で実は驚きの和の演出が出来るんですよ。
それは・・・
↓↓↓
ぱっきん箸
その名も『ぱっきん箸』。
箸を「ぱっきん」と割ると、あら不思議~♪
金箔がヒラヒラと華やかに舞い料理に”箔がつく”という遊び心あふれる箸なのです。ぱっきん箸

“他の人と似たような演出はしたくないな”とか、
”少人数のお食事会を考えているけれど、
あんまり派手な演出はしたくないな”とか、
“皆で食事ができればいいかなとおうけど、
やっぱり何か演出した方が良いのかな”
とお考えの方にオススメさせて頂いております。

特別派手な演出ではありませんが、
結婚式のおめでたい席を華やかに演出してくれる事は言うまでもありません!!
必ず使う物で演出が出来るのはもちろん、
お子様からお年寄りまで楽しめるのも嬉しいですね♪みんなでぱっきん♪

結婚式のお披露目会以外にも、
お正月、長寿のお祝い会、お顔合わせの席なんかにもオススメですよ(。・ ω<)ゞ
気になる方はプランナーまで♪

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

尾張名古屋神前挙式
ブライダルフェアのご案内

★大人気★

~神社巡りツアー~

神社ツアー

毎週土日開催!!

平日も(月・火)以外はご案内OK!

結婚式場をこれから探しはじめるおふたりにも
安心してご参加いただけるように

【尾張名古屋神前挙式】

btn_raikan2

btn_raikan1

お問合わせTEL:052-959-2885

btn_instagram

LINEからのご予約・お問い合わせもOKです★

尾張名古屋神前挙式公式LINEアカウント
ID:@shinzenkyoshiki

blog_line_bnr


コメントはまだありません。

コメントする