結婚式で気になるお日柄について。

こんにちは★

尾張名古屋神前挙式です!
本日も名古屋嫁入日記をご覧頂きまして
誠にありがとうございます(^^)

さて、普段は気にしないけれど、やっぱり結婚式ともなると
気になってくるのがお日柄ではないでしょうか??

今日はお日柄の中でも、おそらく一番メジャー??
六曜についてのお話です♪

0023

六曜とは、
先勝・友引・先負・仏滅・大安・赤口とあり、
それぞれの意味合いは下記のように言われています。

***************

先勝…「先んずれば、すなわち勝つ」という解釈があり、
急ぐことや訴訟ごとに吉日とされる。
午前中が吉で、午後になると凶

友引…凶事に友を引くという解釈があることから、
葬儀や告別式などの弔事を忌む日とされる。
祝いごとや慶事には吉とする。

先負先勝と正反対の日。午前は凶で、午後は吉

三三九度 盃

仏滅…物事が滅する凶の日。
慶事には支障がないという解釈も…。

大安
万事において吉であり、
何事においても成功できる日とされる。

赤口正午だけは吉だが、
その前後である午前と午後は凶とされる。

****************

b61d045f4155c1f140c4fb2ffac64ef11

実はこの六曜、日本生まれではございません!!
室町時代に中国から伝わった占いが元となっており、
当時は現在のように曜日(七曜)がなかった為、
その代わりとして六曜を現在でいう曜日として使っていたそうです。
なんと江戸時代まで注目すらされていなかったというから驚きです!!!!

ところが明治時代に入り
「旧暦」から「新暦」へ移行した段階で
「吉凶付きの暦は迷信」として政府が禁止したことによって、
逆に注目されるようになり、
第二次世界大戦以降、広く普及されるようになったそうです。
(諸説アリ)

ということで実は神道とは
まったくの無縁なのだそうです。

yjimageA7G6H8VS

なので、神社でのお祭りも仏滅だろうが関係なく開催します。

では全く無視していいものかというと、
やはり日本というお国柄でしょうか…

実際、新郎新婦さま本人たちはお日柄はあまり気にしなくても、
親御様や おじい様・おばあ様など
たくさんの方々もお集まりになる特別な日。

新郎新婦さま当人たちより、
周りがお日柄を気にされるケースもあります。

少人数お披露目会

もちろんお日柄ばかりにとらわれる必要はありませんが、
結婚式は折角のお二人の最良の日ですので、
親御様の意見も参考にお日にちをお選びになるのが◎

結婚式の日にちを決めるポイントは色々とあるかと思いますが、
何年経っても自分たちの結婚記念日が色鮮やかに
思い浮かぶ、そんな日になれば良いな、と思います(*´ω`*)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

尾張名古屋神前挙式
ブライダルフェアのご案内

★大人気★

~神社巡りツアー~

神社ツアー

毎週土日開催!!

平日も(月・火)以外はご案内OK!

結婚式場をこれから探しはじめるおふたりにも
安心してご参加いただけるように

【尾張名古屋神前挙式】

btn_raikan2

btn_raikan1

お問合わせTEL:052-959-2885

btn_instagram

LINEからのご予約・お問い合わせもOKです★

尾張名古屋神前挙式公式LINEアカウント
ID:@shinzenkyoshiki

blog_line_bnr


コメントはまだありません。

コメントする