神社挙式のための✿玉串料の納め方

こんにちは!!!
尾張名古屋神前挙式です。
名古屋嫁入日記をご覧いただきありがとうございます(^^)

 

日に日に冬らしさが増していますね♪

秋

結婚式も多いこのシーズンですが、
神社で結婚式を挙げる方には、
お申込みと同時に必ず行って頂く事が1つあります!!

それは『玉串料納め』

『玉串料』とは、
教会式や人前式でいう“挙式料”のことで、
各式場さんで違うように、
『玉串料』の金額も各神社さんによって異なります。

さて今日はそんな神前挙式のステップ1
『玉串料』 の納め方についてご伝授致します!!!!!

『玉串料』は担当のプランナーや式場から支払うものではなく、
お二人から直接神社さんにお納め頂くものでございます。

まずは担当プランナーに料金を確認しましょう!!
ここからが重要!!
ちゃんとした納め方の作法がありますので、
是非お役立て下さいませ(^^)

①まず水引が結びきりになった紅白の『のし袋』を用意します

「結びきり」とは
一度結んだらほどけない固結びを指し、
固く結ばれてお二人が離れませんようにと願うもの。

のし袋をご覧頂くと
水引がしっかり結ばれているのがわかると思います。
※水引は必ず紅白のものを使用しましょう

②次に、毛筆・筆ペン・万年筆で文字を書き込みます
※ボールペンNG
《例》正面から見て右側に新郎様の苗字(佐藤)
左側に新婦様の苗字(伊藤)
を書き込みます

③玉串料金をお札の向きを揃えて入れますこの時、特に新札をご用意して頂かなくても大丈夫ですよ!
※神職の方はすぐお金の確認を致しますので
封をして頂かなくて大丈夫です

さぁ、ここまでできたら準備完了!
後は神社さんに納めに行きましょう\(^o^)/

スペーサー

神社って24時間開いているところもあるけれど
好きな時間に納めに行っても大丈夫??
これはNGです!!

社務所(ご祈祷の受付や御札やお守りを販売している場所)が
開いている9時~15時くらい迄の間に納めにいきましょう☆

この際、急に行くよりは、事前に玉串料お納めの日を
神社にご連絡して頂いた方がスムーズです!

お日にちがお決まりの際は
担当プランナーから神社さんへ
確認してもらいましょう(^^)
社務所に着いたら
「○月○日に挙式をお願いしています○○です」
とお伝えしてから、玉串料をお渡しくださいね♪

これで完了です!!
難しいことはありません(*^_^*)

080

神社で結婚式を挙げたいけれど
何をどうしたらいいのかわからない・・・
という方も多いかもしれませんね
衣裳は? 美容は? 

当日の流れって・・・??

どんなことでも
お気軽にお問い合わせ下さいませ(^-^)/
『結婚式』の不安なことはスッキリ解決が鉄則ですよ~!!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

尾張名古屋神前挙式
ブライダルフェアのご案内

★大人気★

~神社巡りツアー~

神社ツアー

毎週土日開催!!

平日も(月・火)以外はご案内OK!

結婚式場をこれから探しはじめるおふたりにも
安心してご参加いただけるように一組様ごとのご案内。

【尾張名古屋神前挙式】

btn_raikan2

btn_raikan1

お問合わせTEL:052-959-2885

btn_instagram

ラインからのご予約・お問い合わせもOKです★

尾張名古屋神前挙式公式ラインアカウント
ID:@shinzenkyoshiki

blog_line_bnr


コメントはまだありません。

コメントする