七福神について

こんにちは
尾張名古屋神前挙式です
本日もご覧いただきまして誠にありがとうございます!

さて、神社と言えば神様を祀る場所ですが、
実際皆様が「ああ!知ってる!」と思う神様は
どれくらいいますか?

天照大御神は有名ですね

天照大御神は有名ですね

古くから八百万の「物・事」に神を見た日本人。
ではありますが、現在その中で、
すぐに名前が出てくる神様は一体どれだけいるのでしょうか。

神様って、読み方も難しいですし、
書物によっても表記が違ったりしますよね。
二柱の神を同一神として解釈する場合もあれば、
やっぱり別の神として解釈する場合もあります。

神様の道も奥が深い。。

鎮守の森

鎮守の森

さて、そんな中にあっても多分日本人なら
一度は聞いた事があるであろう言葉、
「七福神」!七福神

という事で今日は七福神についてお伝え致します(*^_^*)

文字通り、7柱の神様で構成されている訳ですが、
もちろん「七福神」という名前は
聞いた事があっても、どんな神様がその中にいるのか、
知っている人は結構少なくなるのでは…?!

↓↓↓
・「恵比寿」(えびす)
・「大黒天」(だいこくてん)
・「毘沙門天」(びしゃもんてん)
・「弁財天」(べんざいてん)
・「福禄寿」(ふくろくじゅ)
・「寿老人」(じゅろうじん)
・「布袋」(ほてい)

上記7柱で構成されています(*^_^*)
皆様全て言えましたか?

そんな七福神が同乗する船=「宝船」
新年の季語になるほどお馴染みでもありますね。七福神

しかし知っていましたか?
7柱の神の中で日本出身の神様は
恵比寿様のみです
他6柱はインドや、中国から伝えられた神様。

このように七福神とは異種の神々が集まって
福を招く存在なのです。

「恵比寿」
商売繁盛や五穀豊穣をもたらす神様です。
唯一の日本出身の神様であり、
左手に鯛を、右手に釣竿を持った姿が特徴です。

恵比寿

恵比寿

「大黒天」
元はインドの神様で、マハーカーラという戦闘の神様でした。
日本に入ってくると食物・財福を司る神となり
大きな袋と打出の小槌をもち、頭巾をかぶる
姿が一般的に知られています。

大黒天

大黒天

「毘沙門天」
元はインドの神様戦いの神クベーラが前身です。
仏教に取り入れられてから、福徳増進の神として信仰されます。
上杉謙信など武将の信仰が篤いことからも分かるように
唯一の武将の姿をしており、右手に宝棒、左手に宝塔、
足の下で天邪鬼を踏みつけています。

毘沙門天

毘沙門天

「弁財天」
インド河の女神であるサラスヴァティー神
音楽・弁才・財福・知恵に徳のある天女です。
七福神の中で唯一の女神です。

弁財天

弁財天

「福禄寿」
中国道教の神で南極星の化身の南極老人
その名前の通り長寿と福禄をもたらす仙人とされています。
長い頭、長い顎鬚、大きな耳たぶをもち、
鶴と亀を連れて、左手に宝珠、右手に巻物をくくりつけた杖を
持つ姿が特徴です。

福禄寿

福禄寿

「寿老人」
福禄寿と同じく中国、南極星の化身です。
団扇や桃をもち、鹿を従えた姿が一般的であり、
長寿延命、冨貴長寿の神として信仰されています。

寿老人

寿老人

「布袋」
中国・唐末期に実在されたと言われる仏教僧です。
夫婦円満、子宝の神として信仰が篤く、
太っておおらかな風貌が好まれ、手にした袋から
財を出し与えてくれます。

布袋

布袋

以上が七福神の特徴となります!
七福神がみんな日本出身の神様ではない、
というのは少し驚きですよね!

七柱の神としての格式や地位は必ずしも
高い訳ではありませんし、
神道と仏教の融合により、成り立っています。
神仏習合(しんぶつしゅうごう)1280px-Shichi_fukujin-1024x256

今でこそ神仏分離として、
神と仏は別のもの、というくくりになっていますが、
神も仏も祀る人がいて、そこに願いを込める人が
確かにいたからこそ、今日まで「七福神」という言葉が
生きてきて いるのかもしれませんね。

是非、今日のブログを見て、
「七福神」という言葉だけでなく、
その中にはどんな神様がいるのか、も覚えて頂けると
嬉しいな、と思います(*^_^*)

*************

ブライダルフェアのご案内

★大人気★

~神社巡りツアー~

神社ツアー

毎週土日開催!!

平日も(月・火)以外はご案内OK!

結婚式場をこれから探しはじめるおふたりにも
安心してご参加いただけるように一組様ごとのご案内。

【尾張名古屋神前挙式】

btn_raikan2

btn_raikan1

お問合わせTEL:052-959-2885

btn_instagram

ラインからのご予約・お問い合わせもOKです★

尾張名古屋神前挙式公式ラインアカウント
ID:@shinzenkyoshiki

blog_line_bnr


コメントはまだありません。

コメントする