今日1月11日は「鏡開き」

こんにちは
尾張名古屋神前挙式です
本日もご覧いただきまして誠にありがとうございます!

今日は1月11日。
もう新年明けて10日以上経っている事にも
大変驚きですが・・(^_^;)
1月11日と言えば、「鏡開き」でございますね(^◇^)!

私達は結婚式屋ですし、この嫁入日記を見てくださっている方も、
「鏡開き」と聞くとこっちを思い浮かべがちでしょうか?!

お酒を開く鏡開き

お酒を開く鏡開き

でも本日の「鏡開き」はこっち!

鏡餅

鏡餅

皆様はお正月を迎えるにあたって
「鏡餅」を神様や仏様にお供えされましたか?

神棚に供えられた鏡餅

「鏡開き」はお正月に
神様・仏様に供えていた鏡餅を下げ、
お汁粉やお雑煮にしてそれを食べるという風習です。

神様にお供えした食べ物には力が備わる考えられ
神様や仏様に感謝しながらそれを食べることによって
無病息災を祈願
するのです。
供えて、開いて、食べてこそ鏡餅の意味があるんですね

お雑煮やお汁粉にして

お雑煮やお汁粉にして

現在の鏡餅は、食べやすくあらかじめ小分けにされた
お餅が鏡餅の中にパック詰めされているなど、
文字通りパックを「開く」だけとなりましたが

パックに詰まった鏡餅

パックに詰まった鏡餅

本来の鏡餅と言う物は三方に半紙を敷きその上に
裏白の葉を載せ、大小2つの餅を重ね、
その上に串柿・干しするめ・橙・昆布を飾る、という形式が一般的です。

鏡餅

鏡餅

そしてその開き方は木槌や手で割る

現代の子ども達にとっては、上記のような伝統的な鏡餅を
目にするというよりは、スーパーで売られている鏡餅を
目にする機会の方が増えているかと思います。

昔ながらの鏡餅は木槌で叩くのも力がいりますし、
それがだめでも半日ほど水に漬けてから頂くという
かなり疲れる作業をする必要があります。
だからこそ開くだけで良い鏡餅、と言う現代の技術進歩にはもちろん感謝!
でも、本来の意味や風習ももちろん忘れないでいたいものですね。

槌で割る

槌で割る

因みに鏡餅を包丁で切るということは、
切腹を連想させる…という事でNGでございますよ~!

神様の力が宿ったお餅をいただいて1年の健康を祈るという風習なので、
お餅は処分したりせずに全部頂くのがマナー

美味しそうなお汁粉です♡

美味しそうなお汁粉です♡

地域によっては日にちが異なる所もあるようですが
一般的には本日1月11日に行う所が多いようです。

元々は1月20日に行われていましたが
徳川家光公が4月20日にお亡くなりになられたため
20日は忌の日とされ11日に行われるようになったのだとか!!

徳川3代目将軍 家光公

徳川3代目将軍 家光公

以上、「鏡開き」についてご紹介いたしました♪
2020年、オリンピックイヤー!

鏡餅をお供えしていた方は、今日は
鏡餅を開いて無病息災を祈り、
これからも健康に一日一日を過ごしていきましょう!

*************

ブライダルフェアのご案内

★大人気★

~神社巡りツアー~

神社ツアー

毎週土日開催!!

平日も(月・火)以外はご案内OK!

結婚式場をこれから探しはじめるおふたりにも
安心してご参加いただけるように一組様ごとのご案内。

【尾張名古屋神前挙式】

btn_raikan2

btn_raikan1

お問合わせTEL:052-959-2885

btn_instagram

ラインからのご予約・お問い合わせもOKです★

尾張名古屋神前挙式公式ラインアカウント
ID:@shinzenkyoshiki

blog_line_bnr


コメントはまだありません。

コメントする