神社参拝の基本 『二拝二拍手一拝』

こんにちは
尾張名古屋神前挙式です
本日も花嫁日記をご覧いただきまして誠にありがとうございます

さて、神社の参拝の基本、
二拝二拍手一拝』二礼二拍手一礼ともいいます)神社参拝

初詣など特に多くの人が集まる時に、
この参拝方法を知ってか知らずか、
一拝二拍手しかしていなかったり、二拍手だけしかしていなかったり、
合掌のみしている人を見かけたりするかもしれません。

沢山の人が集まる初詣

沢山の人が集まる初詣

年が明けたら神社に参拝にいくもの、として
足を運んだまでは良くても、
全員が全員正しく参拝できているかは怪しいところ?!

正しい参拝はやっぱり
ちゃんと知っていた方が大人としてスマートですよね。神社

この二拝二拍手一拝というのは、
神社本庁でその様に定められおり
出来れば共通の作法が望ましいと言う見方から、
略式として分かりやすくする為に、この参拝方法に
なっているようです。

その作法、読んで字のごとくですが、
①2回頭を下げておじぎをする
②二回柏手を打つ
③一回おじぎをする

というものです。

まず①の「2回頭を下げておじぎをする」ですが、
普通人に頭を下げるのは一度だけですよね。
もう一度頭を下げることで神様への敬意を表しているとされます。

二拝

二拝

②、「二回柏手を打つ」
まず胸の高さでてのひらを合わせて、
右手を少し下にずらして二拍手。
その後、指先をきちんと合わせて祈りを込めてから手を下ろします。

二拍手

二拍手

てのひらをずらすというのがポイント。
左手が「陽」 右手が「陰」を表し、
神様と人とがまだ一体になっていないということを意味します。

二度手を打つことで神様を招き、
その後掌を合わせることで神と人が一体となり、
祈願を込めて神様の力を体得するからだそうです!!祈願

また普通に打つより音色も良くなるんだとか。

③、「一回おじぎをする」
自分のお祈りが終わり神様に対し
「今までの生活の感謝と今日からの生活の祈り」を
込めて送り返す、締めくくりの儀式となります。

一拝

一拝

「拝」も「拍手」も神様を敬う敬礼作法の一つ。
』は、神様に頭を下げて敬う自然な気持の現れからくる作法ですし、
拍手もともと驚いたり、とても喜んだりしたときに自然に手を打って、
自分の気持ちを表すという日本独特の礼法なんですね。

昔は礼に礼を尽くして、拝や拍手をそれぞれ
何度も繰り返していた事もあったようです。
伊勢神宮では現在も『八度拝』という作法を行っていたりします。
「拝」は敬の心、「拍手」は和の心で、
その二つを合わせて行うことは、最も敬虔な気持の現れなんです。
要するに、神様を敬い自分の心を伝える重要な作法と言う訳なんですね^^国旗
心を込めて『二拝二拍手一拝』をすることによって、
きっと神様も私たちの事をちゃんと見ていて下さるかな?

是非次神社に参拝に行くときは、
一つ一つの作法に意味を感じて、
お詣りしてくださいね。

*************

ブライダルフェアのご案内

★大人気★

~神社巡りツアー~

神社ツアー

毎週土日開催!!

平日も(月・火)以外はご案内OK!

結婚式場をこれから探しはじめるおふたりにも
安心してご参加いただけるように一組様ごとのご案内。

【尾張名古屋神前挙式】

btn_raikan2

btn_raikan1

お問合わせTEL:052-959-2885

btn_instagram

ラインからのご予約・お問い合わせもOKです★

尾張名古屋神前挙式公式ラインアカウント
ID:@shinzenkyoshiki

blog_line_bnr


コメントはまだありません。

コメントする