神社挙式ってどんな儀式があるの?

こんにちは
尾張名古屋神前挙式です
本日もご覧いただきまして誠にありがとうございます

東日本大震災から9年。
月日の経過の速さを感じます。
時はどんどん経過していきますが、
改めて災害の犠牲となられた方々に対し、
ご冥福を申し上げるとともに、哀悼の意を表します。
また、被災された皆様の心の安寧が一日も早く訪れますように。

思えば、日本は古くから多くの震災に見舞わられながらも、
そのたびに、その土地を愛する人々の力で
復興を遂げてきたんですね。針名神社

神社もそうやって守り受け継がれてきたのだと思うと、
神社での結婚式の奥深さを改めて実感致します(*^_^*)

今日はそんな神社で挙げる結婚式の流れをご紹介。
お写真と合わせてご覧いただければと思います。

≪その1≫
参進の儀~さんしんのぎ~
神職・巫女・新郎新婦・ご参列の皆様と共に
心を静め歩幅を合わせゆっくりとご本殿に向かってお進み頂きます桜 参進の儀
≪その2≫
手水の儀~てみずのぎ~
古来より伝わる式次第にのっとった神前挙式は
神聖な場に入る前に手水で手と口を清める「手水の儀」から始まります
手水 挙式
≪その3≫
修祓の儀~しゅばつのぎ~
祭典に先立ち斎場祭具参列者を祓い清める儀式
一同起立し、頭を軽くさげて、斎主のお祓いをうけます
修祓の儀
≪その4≫
祝詞奏上~のりとそうじょう~
斎主が神前に二人が結婚したことを報告し
幸せが永遠に続くように祈ります

≪その5≫
誓盃の儀~せいはいのぎ~
ご神前にお供えをしたお神酒をお下げし
三三九度のお盃事で、夫婦の契りを結びます
三献の儀
≪その6≫
誓詞奏上~せいしそうじょう~
新郎新婦が神前に進み
夫婦の守るべき道が書かれた文章を二人で読み上げます
誓詞
≪その7≫
指輪交換の儀~ゆびわこうかんのぎ~
新郎が新婦の左手薬指に贈り、同様に新婦が新郎に贈ります
指輪交換
≪その8≫
神楽奏上~ががくそうじょう~
神楽は最も格式の高い参拝方法で
神様をお慰めし共に楽しむものです
伶人が奏でる雅楽に合わせ、巫女が舞いを奉納します
神楽奏上
≪その9≫
玉串奉奠~たまぐしほうてん~
榊の枝に紙垂(しで)をつけた玉串を神前に供えます
玉串に自分の心をのせ、神にささげるという意味が込められています
玉串奉奠
≪その10≫
親族杯の儀~しんぞくはいのぎ~
両家の親族の前にある盃に御神酒が注がれ
「親族固めの盃」をいただきます
親族固めの盃
≪その11≫
斎主挨拶~さいしゅあいさつ~
結婚式をつかさどる役目の神職である斎主が婚礼が整ったことと
新郎新婦へのお祝いの言葉を述べられます
斎主挨拶
挙式は30分~40分です。
式の流れや、やる儀式、所要時間は神社によって異なります。
詳しくはプランナーまで☆

神社の挙式はご本殿に響きわたる雅楽の音色と凛とした空気。
そして何より家族と家族の繋がりを心で感じて頂けると思います♪

*************

【尾張名古屋神前挙式】

btn_raikan2

btn_raikan1

お問合わせTEL:0120-006-883

btn_instagram

インスタグラムのメッセージからもお問合せ頂けます。

ラインからのご予約・お問い合わせもOKです★

尾張名古屋神前挙式公式ラインアカウント
ID:@pov1811s


コメントはまだありません。

コメントする