人生儀礼 十三詣り(じゅうさんまいり)

こんにちは。
本日も尾張名古屋神前挙式『嫁入り日記』をご覧いただきありがとうございます。
はじめてご覧頂く皆様、何かお役にたてると嬉しいです。
今日は風が強くて、寒い一日でした。
雪が積もったところもあったようですね。
風邪ひかれませんように☆

さて今日は、人生儀礼の中の『十三詣り』について
あまり聞き馴染みがないかもしれませんね。
関西地方、特に京都では七五三と並んで大切にされている人生儀礼です。
『十三詣り』とは・・・

旧暦3月13日、現在は4月13日に数え年13歳に成長した子どもを連れて
「虚空蔵菩薩」(こくぞうぼさつ)にお詣りをし、大人になるのに必要な知恵を授けてもらい、
厄祓いする行事です。「知恵もらい」「知恵詣で」ともいうんだそうです。

数えの13歳は生まれた干支が初めて一巡りして戻ってくる年。

身も心も成長したことに感謝する行事として、
体力と知力を授けていただくためにお詣りをします。
女の子はこの日、初めて本裁の着物(大人の寸法で作ったもの)を着て祝う「本身祝い」、
男の子は「元服」の祝いをしました。
女の子は振袖男の子は紋付羽織袴を着てお詣りするのが正式との事です。

十三詣りは、親子で参拝し、「知」「美」など祈願する事柄を本人の自筆で一文字書いたものを
お供えし祈祷してもらいますが、
参拝を終えたら後ろを振り返ってはいけないというしきたりがあります。
振り返ると、せっかく授かった知恵を返さなくてはならないといわれているからです。

名古屋の神社さんでも十三詣りを受け付けて下さっていますよ。
城山八幡宮さんでは通信ご祈祷もあるようですよ。

十三詣り

人生儀礼にはきちんと意味があって、
その時々にきちんと感謝の気持ちを持って臨む
きちんと向き合って過ごす時間ってとても大切ですね
小さい時は、よく分らないで連れて行かれるという感覚かもしれないけれど
それが、きっと身についていくのではないかなと思います。

結婚式も大切な人生儀礼

神社で手を合わせます

折に触れお詣りしてきた神社さんでの挙式はいかがでしょうか?
ご相談会受け付けております。

*************

【尾張名古屋神前挙式】

btn_raikan2

btn_raikan1

お問合わせTEL:0120-006-883

btn_instagram

インスタグラムのメッセージからもお問合せ頂けます。

ラインからのご予約・お問い合わせもOKです★

尾張名古屋神前挙式公式ラインアカウント
ID:@pov1811s


コメントはまだありません。

コメントする