9月9日=重陽の節句=菊の節句

こんにちは。尾張名古屋神前挙式です。
本日も『嫁入り日記』をご覧いただきありがとうございます。
何かお役に立てたら嬉しいです。

さて今日は、菊の節句=重陽の節句
『重陽の節句』とは五節句のうちの一つです。
江戸時代に定められた5つの式日(今でいう祝日)をいい、
1月7日の人日の節句(七草粥)、3月3日の上巳の節句(桃の節句/雛祭り)、
5月5日の端午の節句、7月7日の七夕の節句、
9月9日の重陽の節句(菊の節句)をさすのだそうです。

重陽の節句

重陽の節句

古来、奇数は縁起の良い陽数、偶数は縁の悪い陰数と考え、
その奇数が連なる日をお祝いしたのが五節句の始まりで、
めでたい反面悪いことにも転じやすいと考え、
お祝いとともに厄祓いもしていました。
中でも一番大きな陽数(9)が重なる9月9日を、陽が重なると書いて
「重陽の節句」と定め、不老長寿や繁栄を願う行事をしてきました。

「菊」という字には、たくさんの「米」を一箇所に「集める」という意味があります。
米を作り、米を収め、米を食べる日本人にとって、菊はとても縁の深い字ですね。
そのため、菊は健康と不老長寿の象徴の花とされていたとも言われています。

重陽の節句は、菊を用いて不老長寿を願う日ですが、
旧暦の9月は今の10月で、作物の収穫が終わる時期にあたります。
栗ごはんを炊いたり、お餅をついたりするなど、
収穫を祝う習慣もあり、「栗の節句(節供)」ともいわれています。

平安時代には宮中の貴族や女官の間で「菊のきせ綿(菊綿)」という風習が流行していました。
夜に菊の花に真綿をがぶせ、翌朝、朝露を含んだ真綿で身体を拭くと、
若返りや長寿にあやかれると信じられていたのです。
日本では菊の開花時期とずれていることから
菊の節句=重陽の節句をお祝いする習慣が薄れていったようです。
まだまだ知らないきせつの行事です。
でも、知ることによって次の季節を迎える事が
楽しみになるような気がします。


京都の上賀茂神社さんでは毎年『重陽神事』が執り行われています。
来年は行くことが出来たらいいですね。

菊は和の結婚式では欠かせないお花です。
ヘッドパーツや会場装花にもよく使われています。

ヘッドパーツにはピンポンマムが良く使われますが
スプレーマムも良く映えます。

ふんだんに使われているピンポンマム色んな色があるんですね。
これからの季節のヘッドパーツやテーブル装花
楽しみですね。
菊の種類ってドーム菊(まあるく咲く)・スプレー菊(平たく咲く)
それぞれにものすごく沢山あって、見ているだけでも楽しくなります。
季節を楽しみたいですね。

***********************************

緊急事態宣言が延長されて9月30日までとなりました。
ご相談会などオンラインでも可能です。
ぜひ、ご利用ください。

Zoom相談会Instagramもご覧ください。
結婚式の様子や、神社のご紹介、ヘアスタイルなどなど
先輩花嫁・花婿様の様子やアイデアをご覧いただく事が出来ます。

ご相談会や神社を直接ご案内させていただくツアーも
開催しております。

~神社巡りツアー~

神社ツアー

毎週土日開催!!

平日も(月・火)以外はご案内OK!

結婚式場をこれから探しはじめるおふたりにも
安心してご参加いただけるように

【尾張名古屋神前挙式】

btn_raikan2

btn_raikan1

お問合わせTEL:052-959-2885

btn_instagram

LINEからのご予約・お問い合わせもOKです★

尾張名古屋神前挙式公式LINEアカウント
ID:@shinzenkyoshiki

blog_line_bnr


コメントはまだありません。

コメントする