結婚式のご両親の服装について

こんにちは。尾張名古屋神前挙式です。
本日も『嫁入り日記』をご覧いただきありがとうございます。
何かお役に立てたら嬉しいです。

早速ですが、今日は・・・

結婚式の日の「ご両親の服装」についてお話いたします。

ご両親様の服装って、
「主役は花婿・花嫁だから親は礼服でいいかな?」
「わざわざ借りてまでは、着なくてもいいかな~?」
って、ちょっと思いがち

でもちょっと待って!!
ご両親にもきちんと当日の装いの決まりがあるんです!

 
結婚式の服装には3種類あります。
1.正礼装 2.準礼装 3.略礼装
よほどのカジュアルな結婚式でない限り
1.正礼装で出席しましょう!

お父さんはモーニング
お母さんは黒留袖
こちらが、決まりに沿った装い(正礼装)です。

モーニングと黒留袖

神前挙式の場合お父様も紋付羽織袴をお召しになられる場合もあります。
こちらも正礼装ですので◎です。

 紋付袴

ではでは・・・正礼装とは??
19世紀〜20世紀にヨーロッパで確立された
正式な式典パーティーに着用する服装のこと
時間帯によって着用するものが変わってくるのが特徴です。

男性:お昼間=モーニングコート

 

夕方~夜=テールコート
もしくは紋付羽織袴

女性:お昼間=アフタヌーンドレス
(肌の露出が無いように、スカート丈が長い方がよりフォーマルです)
夕方~夜=イブニングドレス
(方や背中など少し露出があっても大丈夫)
もしくは黒留袖

 
因みに、ここ大事!
ご両家で礼装の格は揃えるのがマナーです!

例えば
新郎家父:モーニング
新婦家父:略礼服

新郎家母:ワンピース
新婦家母:黒留袖

などなど…は両家の礼装の格が揃っていませんね。

結婚式ってご両親とお二人が並ぶシーンや
ご両家のご両親が並ぶシーンが結構あります!
揃っていた方が見た目にもやっぱり美しいと思いますよ。

ただ、体調がすぐれず、留袖を長い時間着ていられない…
などの場合は無理せずその旨ご両家で話し合って
お決めいただければよいかなと思います。

お母様がお召しなのが、留袖ドレス

モーニングも留袖もお二人がお衣裳を借りて頂くお衣裳店でレンタルできます。
また上の写真のように、留袖をドレスに仕立て直したお衣裳もレンタル可能です。
(※留袖ドレスだけは取り扱っているお衣裳店が限られているため、
どこの衣裳店にも置いてあるわけではありません)

ご実家がご遠方で直接衣裳店に行けなくても
年齢や身長、お洋服のサイズなどお知らせ頂ければ
ご用意させて頂くことが可能です。
(きちんと記入用紙などご用意があります)一度ご相談くださいね。

お写真にもしっかり残ります。
素敵な家族写真を残しましょう!
ご両親のお衣装のレンタルのご紹介も行っております。

***********************************

和装衣裳試着体験+相談会も開催中!

Instagramもご覧ください。
結婚式の様子や、神社のご紹介、ヘアスタイルなどなど
先輩花嫁・花婿様の様子やアイデアをご覧いただく事が出来ます。

ご相談会や神社を直接ご案内させていただくツアーも
開催しております。

~神社巡りツアー~

神社ツアー

毎週土日開催!!

平日も(月・火)以外はご案内OK!

結婚式場をこれから探しはじめるおふたりにも
安心してご参加いただけるように

【尾張名古屋神前挙式】


コメントはまだありません。

コメントする