11月15日は七五三ですね。

こんにちは。尾張名古屋神前挙式です。
本日も『嫁入り日記』をご覧いただきありがとうございます。
何かお役に立てたら嬉しいです。
最近朝はすごくお天気が良いのに、午後から曇り空と言う日が多い気がします。
冬の空だな~と思いながら眺めています。
お昼間も晴れていても気温が低くなってきたので、風邪などお気をつけて
お過ごしくださいね。

七五三

さて今日は七五三について。
9月の終わりくらいから、結婚式のお手伝いをしていると
ちらほら七五三のちびっ子たちに遭遇します。
では、七五三って何?何のため?いつから始まった?
と質問されると中々しっかりと答えられないかもしれないですね。
皆さんもご自身の記憶にはないけれど、着物着た神社での写真を見たことがあったり
写真館での家族写真を見たことがあったりするかもしれないですね。
だから、なんとなく「子どもの頃に着物を着て神社へお詣りに行く事」と
7歳5歳3歳でお詣りするのかな?いう認識をお持ちではないでしょうか?

では、どうして7歳・5歳・3歳で神社へお詣りに行くのでしょうか?

ご祈祷

色んな説があるそうですが、
平安時代の頃から宮中で行われていた3つの儀式が基になっているそうです。
現代に比べて医療の発達が未熟で衛生面もよくなかった昔は、
子どもの死亡率がとても高く「7歳までは神のうち(神の子)」として扱われ、
7歳になって初人として一人前であると認められていたのだそうです。

それぞれの年齢の節目とは?
7歳・5歳・3歳のこの数字『奇数』です。
暦が中国から伝わった際に奇数は陽、つまり縁起がいいとされたためで、
「3歳で言葉を理解し、5歳で知恵がつき、7歳で乳歯が生え替わる」という
成長の節目の歳のためともいわれています。

子どもが無事に育つことは大きな喜びであり、
親として健やかな成長を願わずにはいられないものでした。
それゆえ、3歳、5歳、7歳の節目に成長を神様に感謝し、
お祝いをしたことが七五三の由来とされています。
その後 江戸時代
天和元年11月15日(1681年12月24日)に
館林城主(群馬県館林市)である
徳川徳松(江戸幕府第5代将軍である徳川綱吉の長男)の
健康を祈って祈願したことから、
関東を中心に徐々に京都・大阪~全国へ広がって行ったそうです。

そうそう、男の子と女の子でお詣りに行く年齢が違うんですって。
男の子は三歳と五歳
女の子は三歳と七歳
ではなぜ5歳と7歳は分かれるのでしょうか?
実はそれぞれの歳に儀式が行われていたからなんですね。

三歳『髪置の儀』
古くは平安時代、武家では男女の子供がそれまで短く剃っていた
髪を伸ばし始める3歳ごろに行われていた儀式です。

五歳『袴の儀』
同じく平安時代に、5〜7歳の男の子が初めて大人のように
袴を着用する際に行われた儀式です。
その後、江戸時代に入ると5歳の男の子お祝いとして定着しました。

七歳『帯解の儀』
鎌倉時代に入ると、9歳の男女に行われる儀式が始まりました。
この儀式より大人と同じように帯を結ぶようになります。
その後室町時代までは、男女ともに9歳に行われていましたが、
江戸時代に入り、5歳の男の子・7歳の女の子と変わっていきました。

なるほど・・・
意味を知ると子どもたちにとって大切な人生の通過儀礼と言う事が
分かりますね。

絶対着物を着て神社にお参りに行って、写真を撮らなければいけないか?
と言う事ではありません。それぞれのご家族の形で
お子様の成長を感謝してお祝いできたらいいですよね。
もし神社に行く機会としてお子様の通過儀礼も
一つのきっかけになるといいなと思います。

七五三おめでとうございます。
神社挙式プランナーのすごく嬉しい出来事
時々結婚式のお手伝いしていると、
今日は安産祈願です。今日はお宮参りです。
と以前結婚式のお手伝いをさせて頂いたお客様に
お会いできて声をかけて頂けることです♫

***********************************

和装衣裳試着体験+相談会も開催中!

Instagramもご覧ください。
結婚式の様子や、神社のご紹介、ヘアスタイルなどなど
先輩花嫁・花婿様の様子やアイデアをご覧いただく事が出来ます。

ご相談会や神社を直接ご案内させていただくツアーも
開催しております。

~神社巡りツアー~

神社ツアー

毎週土日開催!!

平日も(月・火)以外はご案内OK!

結婚式場をこれから探しはじめるおふたりにも
安心してご参加いただけるように

【尾張名古屋神前挙式】


コメントはまだありません。

コメントする