12月22日は冬至です。

こんにちは。尾張名古屋神前挙式です。
本日も『嫁入り日記』をご覧いただきありがとうございます。
何かお役に立てたら嬉しいです。
あっという間に12月も折り返して、後2週間で新しい年です。
すごく早いような、年末を迎える心の準備が追い付いて
行かないような、戸惑うここ何日かです。
愛知でも雪が降った所もあるようです。
寒さに気を付けてお過ごしください。

雪

写真はいつかの大雪
さて今日は、来週迎える冬至について


「冬至」
とは・・・

北半球において太陽の位置が一番低くなる日で、
一年で一番、日照時間が短い一日です。
昼間が短いと言う事ですね。

冬至と言えば、かぼちゃと柚子湯

柚子湯

冬至には「ん」のつくものを食べると良いとされており、
「ん」のつくものを運盛りと呼びます。

かぼちゃは漢字で書くと南瓜(なんきん)
つまり、運盛りのひとつであり、陰(北)から陽(南)へ向かう(一陽来復)
ことを意味しています。

かぼちゃはビタミンAやカロチンが豊富なので、
風邪予防に効果的★
かぼちゃそのものの旬は夏ですが、長期保存が効くことから、
冬に栄養をとるための賢人の知恵なのだそうですよ!

そして柚子湯は
「融通」がきく、冬至=「湯治」。
こうした語呂合せの意味もありますが、
もともとは「禊(みそぎ)」だと考えられています。

「禊」とは自分自身の身に穢れのある時や重大な神事などに従う前、
自分自身の身を氷水、滝、川や海で洗い清めることをさしますが、
冬が旬の柚子は香りも強く、強い香りのもとには
邪気がおこらないという考えもありました。

蛇足ながら神社やお寺で参拝をする際に手や口を清めること、
これも禊の一種なんですって。

柚子は実るまでに長い年月がかかるので、
長年の苦労が実りますようにとの願いも込められています。

そして柚子湯そのものには血行を促進して冷え性を緩和したり、
体を温めて風邪を予防したり、
芳香によるリラックス効果もありますから、
元気に冬を越すためにも大いに役立ちます\(^o^)/

冬に負けるな!

是非冬至には、かぼちゃを炊いて、柚子湯に入りましょう!

そして、これから3月くらいまでの結婚式のお客様
特に男性は袴の下はあったかインナー(タイツやレギンス)などを
ご用意されることをお勧めいたします。
袴はスカートのようになっております。
下から風が吹き上げてきます。
お嫁様もレギンス履いてもいても大丈夫です。
風邪ひかないように防寒してくださいね。

年末年始営業※12月30日(木)31日(金)1月1日(土)2日(日)は休業いたします

***********************************

和装衣裳試着体験+相談会も開催中!

Instagramもご覧ください。
結婚式の様子や、神社のご紹介、ヘアスタイルなどなど
先輩花嫁・花婿様の様子やアイデアをご覧いただく事が出来ます。

ご相談会や神社を直接ご案内させていただくツアーも
開催しております。

~神社巡りツアー~

神社ツアー

毎週土日開催!!

平日も(月・火)以外はご案内OK!

結婚式場をこれから探しはじめるおふたりにも
安心してご参加いただけるように

【尾張名古屋神前挙式】


コメントはまだありません。

コメントする