9月に結婚式されたお客様からメッセージ

9月4日に挙式のお手伝いをさせていただいた、佐藤雄介さんと礼子さんからお写真と、
今後のお客様にお役立て下さいとコメントを頂きました。
お写真はWEBデザイナーをしていらっしゃる礼子さんのお仕事仲間の
河内裕子さんが撮影してくださったものです。河内さんはマタニティーフォトグラファーです。
礼子さんもマタニティフォトを撮影されたそうです。こちらご覧下さい。『グランマ』
では、写真と共にお二人からのメッセージをお伝えします。

着付けシーン

大切な場面 かつら装着

普段のメイクグッズとは全然違う「水化粧」というメイク方法で、肌のキメが整い透明感のある美しい肌に。
かつらをかぶると濃いめの化粧もうまく馴染みます。ちょっとしたコスプレ気分。
あれよあれよというまに花嫁に変身。衣を重ねるごとに、気持ちも引き締まってきます。
ヘアメイクの先生はとってもお話し上手なので緊張せずに過ごすことができました。

青空の下

護国神社に着いたらまずはお参りして神様にご挨拶します。
雲ひとつない青空と、新しく改装された神殿のコントラストが素敵★

いよいよ挙式!

手水の儀。巫女さんが全面サポートしてくれますので白無垢を濡らす心配はございません。
参進の儀。鳥居から神殿までゆっくりと歩きます。
護国神社の参進の儀は、鳥居からの出発と会館玄関からの出発のどちらかを選ぶことができます。
天気が良ければ是非鳥居からの出発を。
緑豊かでロケーションがよく、シャッターチャンス満載なので、なるべくゆっくりと進むことをお勧めします。

三々九度

身誓盃の儀。本物のお酒でした。三回か四回飲む機会がありますので、新婦は一杯目で飲み干すと
後で大変なことになるかもしれません。ほどほどに。

緊張の時ですね。

護国神社では打ち合わせ時に事前にワープロで書かれた「誓詞」を用意してくださいますが、
本番直前に渡された誓詞は行書で書かれたものでした。
読める方は問題ありませんが少々読みにくいので、新郎はあらかじめ誓詞を暗記しておくことをお勧めします。

パパ、ママとお嬢ちゃん

実は10か月になる娘がおります。ママだと気が付くまでに結構時間がかかりました。
ママより娘の方が緊張しておりました。

雄介さん、礼子さんお写真とコメントありがとうございました。
UPが遅くなってすみません・・・


コメントはまだありません。

コメントする