~神様に出会った瞬間、二人の愛は永遠に~ 川原神社挙式

皆さんはお気づきでしょうか。

目見えないものの偉大さ…。見えないからこそ大切にしなきゃと思う気持ち。
それは神様だけではありません。私達の身近に居る大切な人の心。

それに気付き、大事にしようと決意する=結婚という形になるような気がします。
今日のお二人もそんな想いがたくさん詰まったステキな時間を過ごされました。

2011年1月23日 川原神社にて

川原神社にて本殿を背景にスナップ写真

AM7:30 朝日の美しさを改めて感じちゃうくらい凛とした朝…。
お二人は名古屋国際ホテルにてお支度へと進まれました。

花嫁へと完成していく様子…。皆が見守ります。

時子さんのお兄様はお写真が趣味。立派なカメラで時子さんの白無垢姿を撮影されてました。
とても誇らしげ。プロの方かと思ってしまうくらいの腕前です!!

AM10:00 お支度も整い、お二人は専用の「花嫁タクシー」にて神社に向かいます。
何気にオープンカーです。

新郎新婦専用の「花嫁専用タクシー」にて神社に出発!

ポイント!尾張名古屋神前挙式では、
神社に美容師も同行し、お支度をして下さる先生が介添えをさせていただきますので、なにかあっても安心!!

AM10:20 川原神社に到着。
花嫁のお兄様が上手にお二人にポーズをお付けくださり撮影!背景もステキなところを選んでくださいました。

神社に到着後、まずはお参りから進みます。

お写真を撮り終わるとお控え室へ移動です。

AM11:00 いよいよ参進の儀!そして挙式が始まります。
神社の荘厳とした佇まい中行われる挙式…。神前挙式の最大の見せ場です。
倫史さん時子さんは神様にお二人の決意を述べられました。

参進の儀から挙式は始まります。

神前挙式は様々な儀式で構成されています。代表的な儀式の名称をご紹介。
『修祓(しゅばつ)・祝詞奏上・三々九度・指輪の交換・誓詞奏上・巫女の舞(浦安の舞)
玉串奉殿・親族固めの盃・斎主挨拶』等‥。

三々九度の儀 巫女さんがお神酒を注ぎます。

その中でも、目を引くのは「巫女の舞(浦安の舞)」です。古来からある音楽にあわせて舞います。

巫女が浦安の舞を舞って神様に舞を奉納します。

神様に何故舞を奉納するのかというと、神様は楽しいこと・お祭りが大好き!
なのでこの結婚式という祭事にも欠かせない儀式。
神様にも喜んでいただきたいので、張切って舞を舞われます。そして気になるのが持っているもの。
鈴です。鈴は昔から邪悪なものを寄せ付けない。払いのける不思議な力があると言われています。
拝殿に鈴があるのもその為。参拝する際は忘れずに鈴をならしましょう!

AM11:50 挙式終了そして名古屋国際ホテルへ向かいます。

お衣裳をお食事会用にチェンジされ、
PM12:45
ご親族様とともにお食事会です。
和やかに会話とお食事会が進みます。
お食事をしっかり楽しめるのも少人数ならではですね。

アットホームなお披露目会です。

PM14:45
お食事会はお開きとなります。お開きの前には皆様から一言ずつお祝いや励ましの言葉を頂きました。
お二人もその言葉を胸に決意も固くされたのではないでしょうか?
倫史さんのご挨拶に現れていたと思います。

少し休憩してお二人は2次会へと移動されました!

本日は誠におめでとうございました。
そして尾張名古屋神前挙式を信頼して、任せて頂いて大変嬉しかったです。


コメントはまだありません。

コメントする