「神前挙式って何するの?」式の内容を覗いてみよう♪

こんにちは(^^)/
名古屋嫁入り日記を
ご覧いただきましてありがとうございます!

本日は神前挙式って何をするの~?
という疑問にお答えいたします♪

今回は10の儀式がある中の
前半の5つをお伝えしますね。

挙式をお考えの方にはその参考になれば、
そして挙式日がお決まりの方には事前知識として!(*^_^*)

※神社さんによっても内容に多少違いがあります。

それでは順に式次第(式の流れ)を見ていきましょう!

1.手水の儀

手水の儀

手水の儀

神聖な場所に入る前に手と口を清めます。
正式な順番は、
左手→右手→口(左手に水を受けて)→左手の順に身を清めます。
残った水で柄杓を立て、柄の部分を洗います。

式の当日は巫女さんが手にお水をかけてくださったり、
また手水の儀を行わない神社さんもございます。

2.修祓の儀

修祓の儀

挙式を執り行うにあたり、斎主のお祓いを受けます。
身も心も清らかになりますね(^^)

ちなみに、上の画像で神職の方が持っているものは大麻(おおぬさ)と言います。
(榊の枝に紙垂(しで)を付けたもの、または白木の棒に紙垂をつけたもの)
こちらを用いて
斎場・祭具・列席者を清めます。

3.祝詞奏上

神前式の儀式の一つ“祝詞奏上(のりとそうじょう)”

祝詞奏上(のりとそうじょう)

祝詞の内容は、
儀式の趣旨や内容を申し上げるものです。
お二人の結婚を神様に報告し、これからの幸福を祈ります。
神様に認めてもらうとても大切な儀式になります!

4.身誓盃(せいはい)の儀

身誓盃の儀

身誓盃の儀

ご神前にお供えをしたお神酒を
盃に注ぎ三三九度で夫婦の契りを結びます。
三三九度とは3つの盃を小・中・大の順番に
1つの盃で新郎新婦
交互に3回、合計9回いただく作法です。

◆多くの神社さんでは、それぞれの盃を新郎新婦交互に”2回”
”合計6回”行う方法を用いている所がほとんどです◆

 巫女さんがお神酒を注ぐときも銚子を3度傾け3度目で盃に注ぎ、
お二人が飲むときにも
1、2度目は口をつけるだけで
3度目に飲むのが一般的な作法です。

※銚子 : 雄蝶(右側の巫女さん)が持つのが『加銚子』
雌蝶(左側の巫女さん)が持つのが『長柄銚子』

長柄銚子

長柄銚子

 

5.誓詞奏上

誓詞奏上

誓詞奏上

新郎新婦が神前へと進み、
夫婦の守るべき道が書かれた文章を新郎様
もしくはお二人で読み上げます。

中には当日、無事に上手く読み終えることができるかと
緊張されている方もいらっしゃいます。
皆様も当日は頑張ってくださいね♪

ここまでが式の前半になります。

お二人のご希望によっては挙式中も
プロのカメラマンさんに写真を撮ってもらい、
この結婚式の様子を形としても残すことができます。

お二人の絆が更に深まる儀式を行うのは、 神前挙式ならではです。
さあ後半についてはまた次回!
(^_^)/

 

【尾張名古屋神前挙式】

ご予約はこちらから

TEL:052-959-2885

≪ブライダルフェア≫

披露宴会場ご見学・ ご相談会・ 婚礼料理ご試食 随時ブライダルフェアを開催中!!

和装 試着体験

開催は 7月13日(日)、7月27日(日)

10時 11時 12時 13時 14時 15時 16時

お一組様ずつご案内致します。

要予約

≪神社巡りツアー≫

ご紹介させていただいている神社さんを、

お一組様ずつ プランナーがご案内する、 神社巡りツアーも好評開催中!!

当日の様子も踏まえてご案内させて頂きます!!

10時 11時 12時 13時 14時 15時

要予約

 


コメントはまだありません。

コメントする