『内祝い』=『お返しの品』は間違い??

こんにちは
尾張名古屋神前挙式です!

さて、本日は『内祝い』についてお話しします^^
手毬タオル皆様は、『内祝い』という言葉は聞いたことがありますか?
言葉は聞いたことある
もしかして、すでに頂いていらっしゃる方も
多いのではないでしょうか(^O^)??

内祝いとは、慶事に貰ったお祝いへのお返しの品
というとらえ方が現代では一般的になっています。

例えば・・・お友達にお子さんが生まれてそのお祝をお渡ししたら、
お返しにと、ハンカチやタオルのセット等を頂いたことはございませんか?
その箱に『内祝い』と書いた『熨斗(のし)』がかかっていて、
赤ちゃんのお名前が書いてあったりしませんでしたか?

このように、最近では『内祝い』=『お返しの品』
という認識が広がっています。

しかーし、内祝いの本来の意味は全くもって異なります!
実は内祝いとは、
内(我が家)におめでたい事が出来たので、
その喜びの気持ちを“祝いの品”という形に変えて、
皆様にもお分けして
一緒に喜んで頂き、祝ってもらおう・・・
と言うのが本来の意味なんですよ~(*^▽^*)

なので昔は、慶事があればお祝いを貰うより先に、
内祝いを配るというのがセオリーでした。
それが時代の変化と共に、内祝いは貰ったお祝いに対するお返し品
という認識が一般的になりました。

う~ん、内祝いって
日本特有の文化であり、とっても奥深いですね~!

慶び事って色々ありますよね♪
七五三・入学・就職・結婚・出産・・・
嬉しい事は皆さんで分かち合いたいですよね^^
結婚式の前後に、お祝を下さった方には、
是非お家の慶びごとの品をお送り致しましょう!

尾張名古屋神前挙式では、
和の小物に特化した『和コモノnet』をご紹介しております。

和コモノnet
石鹸内祝いに使用できるアイテムも多数ございます!
ぜひ、ご覧ください~(^^)/

神社での結婚式も受け付けております♪
詳細は下記HPまで!

お電話でのお問い合わせはコチラ↓↓↓
TEL:052-959-2885

 


コメントはまだありません。

コメントする