神前挙式の流れ

1、手水の儀

古来より伝わる式次第にのっとった神前挙式は、神聖な場に入る前に手水で手と口を清める「手水の儀」から始まります。

2、修跋の儀

祭典に先立ち斎場祭具参列者を祓い清める儀式です。一同起立し、頭を軽くさげて、斎主のお祓いをうけます。

3、祝詞奏上

斎主が神前にふたりが結婚したことを報告し、幸せが永遠に続くように祈ります。

4、身誓盃の儀

ご神前にお供えをしたお神酒をお下げし、三三九度のお盃事で、夫婦の契りを結びます。

5、誓詞奏上

新郎新婦が神前に進み、夫婦の守るべき道が書かれた文章をふたりで読み上げます。

6、指輪交換の儀

巫女が三方に指輪をのせて持ってきたら、新郎が新婦の左手薬指に贈り、同様に新婦が新郎に贈ります。

7、神楽奏上

神楽は最も格式の高い参拝方法で、神さまをお慰めし共に楽しむものです。伶人が奏でる雅楽に合わせ、巫女が舞いを奉納します。

8、玉串奉奠

榊の枝に紙垂(しで)をつけた玉串を神前に供えます。玉串に自分の心をのせ、神にささげるという意味がこめられています。

9、親族盃の儀

両家の親族の前にある盃に御神酒が注がれ、「親族固めの盃」をいただきます。

10、斎主挨拶

結婚式をつかさどる役目の神職である斎主が婚礼が整ったことと、新郎新婦へのお祝いの言葉を述べられます。

参進の儀

手水

三三九度

御払い

誓詞奏上



お二人のご希望やスタイルに合せて、プランナーがご提案致します。どんなことでもご相談ください。

ご予約・お問合せはこちら 052-959-2885 営業時間10:00~19:00(火曜定休)

メールでのご予約・お問合せはこちら(24時間受付中)

来館

資料請求

アクセス

お問合せ